G7外相が声明「暗殺未遂にロシア関与の可能性高い」

Home » 3媒体 » NHKオンライン » G7外相が声明「暗殺未遂にロシア関与の可能性高い」
NHKオンライン コメントはまだありません



イギリスで起きた元スパイ暗殺未遂事件について、G7=主要7か国の外相は、最も強い表現で非難するとした声明を発表し、ロシアが関与した可能性が極めて高いとするイギリスの評価に同意し、ロシアに神経剤に関する情報を全面的に開示するよう求めています。

それによりますと、イギリスで起きた元スパイ暗殺未遂事件について「第2次世界大戦以降、ヨーロッパで神経剤が攻撃に使用された初めての例であり、イギリスの安全保障のみならず、G7各国が共有する安全保障への深刻な挑戦だ」として、G7=主要7か国の外相は結束して、可能なかぎり最も強い表現で非難するとしています。

そのうえで、「ロシアが事件に関与した可能性が極めて高く、それ以外にもっともな説明はないとするイギリスの評価を共有し、同意する」としています。

そして、ロシアに対し、すべての疑問に直ちに答え、ロシアが開発した神経剤「ノビチョク」に関する情報を全面的に開示するよう求めています。

元スパイ暗殺未遂事件をめぐっては、今月下旬にカナダで開かれるG7外相会合でも議題の1つとなる見通しで、ロシアの外交官の追放措置をとる欧米各国に対し、日本政府は、事実関係の早期解明を望む立場を強調していて、難しい対応を迫られることも予想されます。





コメントを残す