警視庁:14歳、友人宅から1000万円 窃盗容疑で逮捕

Home » 3媒体 » 毎日新聞 社説・解説・コラム » 警視庁:14歳、友人宅から1000万円 窃盗容疑で逮捕
毎日新聞 社説・解説・コラム コメントはまだありません




 友人宅から現金1000万円を盗んだとして、警視庁少年事件課は16日、東京都江東区の区立中3年の少女(14)を窃盗容疑で逮捕したと発表した。少女は盗んだ現金を中学校の同級生10人ほどに配っていた。「同級生から仲間はずれにされているようなストレスを感じていた」と供述しているという。

 逮捕容疑は1月初旬~2月27日、同区の友人宅から友人の母親(41)が保管していた現金1000万円を盗んだとしている。容疑を認めているという。

 同課によると、2月中旬に少女の母親が娘の部屋のクローゼットから1000万円が入ったトートバッグを見つけた。現金は金融機関の帯封付きで、少女は母親に「知らない男から預かった」と説明したという。母親が警察に相談しようと別の場所に保管したが、少女は母親の目を盗んで現金を持ち出し、同級生に配っていた。

 現金を盗まれた友人の母親が3月3日に警視庁に届け出て事件が発覚した。逮捕された少女らは盗んだ金の一部を使っており、これまでに790万円回収された。少年事件課は事件の背景や金の使い道を調べる。【安藤いく子】






コメントを残す