日中経済対話:8年ぶり開催

Home » 3媒体 » 毎日新聞 社説・解説・コラム » 日中経済対話:8年ぶり開催
毎日新聞 社説・解説・コラム コメントはまだありません




 日中両政府は16日、閣僚級が経済協力などを協議する「日中ハイレベル経済対話」を東京都内で開いた。2010年以来、8年ぶりの開催で、中国が提唱する経済圏構想「一帯一路」や日本が進める「自由で開かれたインド太平洋戦略」を踏まえ、アジアでのインフラ整備などで協力していくことなどを確認する見通しだ。経済対話の議長は河野太郎外相と中国の王毅国務委員兼外相が務める。日本側から茂木敏充経済再生担当相、世耕弘成経済産業相、石井啓一国土交通相らが、中国側からは劉昆財政相、鍾山商務相らが出席した。

 中国で需要が急速に伸びる医療・介護分野で日中が協力する枠組みなども協議する見通し。中国の鉄鋼過剰生産問題や、知的財産権の保護についても話し合うとみられる。米国が通商政策で保護主義的な動きを強める中、17日から日米首脳会談が開かれる。これを前に、中国と多角的貿易体制や自由貿易の重要性で意見を交わすとみられる。【安藤大介】






コメントを残す