杉山新駐米大使「武力行使は外交が失敗する時」

Home » 3媒体 » グノシー » 杉山新駐米大使「武力行使は外交が失敗する時」
グノシー コメントはまだありません



No image

来月、アメリカに赴任する杉山晋輔新駐米大使がTBSなどのインタビューに応じ、アメリカによる北朝鮮への武力行使が行われる時は「外交が失敗する時」だとして、外交による解決に向けて最大限努力する考えを示しました。

「武力行使が行われる時というのは、外交が失敗する時なんですね。外交官としての私の役目はそういうことにならないように最大限の努力をするというのが、外交官としての使命だと心得ています」(杉山晋輔 新駐米大使)

杉山氏はインタビューで北朝鮮情勢についてこのように述べた上で、「そのことはすべての選択肢がテーブルの上にあるということを覆すことではない。すべての選択肢がテーブルの上にある前提で、私としてできる最大限の努力をしたい」として、外交による解決に向けて最大限努力する考えを示しました。その上で杉山氏は「核、ミサイル、拉致問題といった諸懸案を解決する日本政府の努力は、これからさらに一層力を入れて行っていかなければいけない」と述べ、日米韓3か国の連携をさらに強化して問題の解決に向け努力する考えを示しました。(15日20:10)





コメントを残す