IR法案の早期成立で連携確認 二階幹事長と松井知事

Home » 3媒体 » NHKオンライン » IR法案の早期成立で連携確認 二階幹事長と松井知事
NHKオンライン コメントはまだありません



自民党の二階幹事長と日本維新の会の代表を務める大阪府の松井知事が東京都内で会談し、大阪府が誘致を目指しているカジノを含むIR・統合型リゾート施設を整備するための法案を早期に成立させるため、両党で連携していく方針を確認しました。

この中で松井知事は、大阪府がカジノを含むIR・統合型リゾート施設の誘致を目指していることも踏まえ、施設を整備するための法案やギャンブル依存症対策の法案の審議に早期に入るよう求めました。

これに対し、自民党の二階幹事長も「できるだけ早く進めたいと考えており、両党で十分に協議していきたい」と述べ、2つの法案を早期に成立させるため両党で連携していく方針を確認しました。

また、松井知事は、2025年の万博の大阪への誘致について「関西では機運が徐々に高まってきているが、こうした動きを加速させる必要がある」と述べ、協力を求めたのに対し、二階氏は「最後まで気を緩めずに頑張ろう」と応じました。

この後、二階氏は記者会見で「大阪の関係者とは今後も、機会あるごとに話し合いの場を設けていきたい」と述べました。





コメントを残す