首相が狙う憲法改正に待ち受ける公明党の壁 – 東洋経済オンライン

Home » 参院選 » 首相が狙う憲法改正に待ち受ける公明党の壁 – 東洋経済オンライン
参院選 コメントはまだありません



公明は2019年参院選終了まで議論したくない

公明党の山口那津男代表は憲法をめぐっては慎重な姿勢を崩さない。写真は2月1日、2017年度補正予算が成立し、安倍晋三首相と握手(写真:共同通信)

安倍晋三首相が狙う憲法改正がジワリと動き出している。自民党内の議論が進み、安倍首相の求める「憲法9条に自衛隊の存在を書き加える」案などが焦点となってきた。ただ、改正実現には多くの壁が待ち受ける。

相互に関連する「4つの壁」

(1)自民党内の議論をどうまとめるか、(2)与党の一角である公明党が了解するか、(3)立憲民主党など野党が国会での話し合いに応じるか、(4)国民投票で否決される事態は回避できるか――。実は、この4つの壁は相互に関連している。次の壁が乗り越えられないとみられれば、前段階の動きが滞ってしまうのである。

自民党の憲法改正推進本部(細田博之本部長)は自衛隊、緊急事態、参議院の合区解消、教育の無償化の4項目を憲法にどう書き込むかをめぐる議論を進めている。このうち、自衛隊については、現在の9条1項(戦争放棄)、2項(戦力の不保持)を維持したうえで自衛隊を憲法に明記するという安倍首相の案と、2項を削除して自衛隊を国防軍などと位置づけるという従来の自民党の改正案が議論の軸となっている。

安倍首相は国会答弁で「自衛隊員たちに、君たちは、憲法違反かもしれないが、何かあれば命を張ってくれというのか」などと繰り返し、多くの憲法学者らが自衛隊=違憲論を唱えている現状を改めるべきだと主張している。

これに対しては、多くの反論がある。





コメントを残す