北朝鮮 ピョンチャン五輪で米と接触する姿勢示さず

Home » 3媒体 » NHKオンライン » 北朝鮮 ピョンチャン五輪で米と接触する姿勢示さず
NHKオンライン コメントはまだありません



先のピョンチャンオリンピックの開会式に合わせて、韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領はアメリカのペンス副大統領に対し、北朝鮮側との対話を働きかけたものの、北朝鮮側が接触する姿勢を示さなかったため、ペンス副大統領もみずから接触しなかったことが日米外交筋の話でわかりました。

今月9日に開かれたピョンチャンオリンピックの開会式には、安倍総理大臣のほか、アメリカのペンス副大統領、韓国のムン・ジェイン大統領、それに北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の妹、キム・ヨジョン(金与正)氏らの高位級代表団などが出席しました。

日米外交筋の話によりますと、韓国のムン大統領はアメリカのペンス副大統領に対し、開会式に合わせて北朝鮮の高位級代表団との対話を働きかけていたということです。

しかし、北朝鮮側が接触する姿勢を示さなかったため、ペンス副大統領は、開会式に先立って行われたムン大統領主催のレセプションも5分ほどで退席し、みずから北朝鮮側とは接触しなかったということです。

また、アメリカ政府は、事前に日本政府に対し、仮に北朝鮮側との会談が行われた場合は、核や弾道ミサイル開発の放棄が前提でなければ本格的な協議には応じられず、それが約束されないかぎり最大限の圧力をかけていく方針を伝達する意向を示していたということです。

一方、こうした状況の中で、安倍総理大臣が北朝鮮のキム・ヨンナム最高人民会議常任委員長と短く言葉を交わした背景には、拉致問題が置き去りになることを避けたいという考えがあったものと見られます。





コメントを残す