“出馬”ならぬ“出犬”? 米カンザス州知事選に犬が立候補 TBS NEWS – TBS News

Home » 知事選 » “出馬”ならぬ“出犬”? 米カンザス州知事選に犬が立候補 TBS NEWS – TBS News
知事選 コメントはまだありません



14日

6時55分

0分50秒

“出馬”ならぬ“出犬”? 米カンザス州知事選に犬が立候補

 アメリカ中西部・カンザス州の知事選に、実にユニークな候補者が「出馬」を表明しました。

 カンザス州の知事選挙に、先週末、出馬を表明したのは、犬のアンガス君。知事に当選した場合には、一緒に住んでいる犬のベイブを副知事に、猫のマックスを州務長官に任命する方針です。

 アンガス君の飼い主は、カンザス州の規定には「犬が知事になれない」という記述がなく、州知事になる資格があると話しています。

 「アンガスは世話好きで、全ての人類、あらゆる生き物のことを大切に思っている。リスを除いてね」(「出馬」するアンガス君の飼い主 ウーリー夫妻)

 一方、カンザス州当局は「犬は人間の親友だが、州知事の任務は務められない」と立候補を認めない方針を示しています。





コメントを残す