若桜町長選 新人の矢部氏が初当選、町議10人の顔ぶれも決まる(政治山)

Home » 政治 » 若桜町長選 新人の矢部氏が初当選、町議10人の顔ぶれも決まる(政治山)
政治, 政治山 コメントはまだありません



 任期満了に伴う若桜町長選(鳥取県)が11日投開票され、無所属新人で元町職員の矢部康樹氏(56)が1447票(得票率61.9%)を獲得し、無所属の新人で元町議の上川裕見子氏(59)を破り、初当選しました。

 同日に行われた町議選は、定数10に対し11人が立候補し、現職8人、新人2人が当選しました。党派別では、共産1、無所属9で、全員男性です。

 当日有権者数は3005人。投票率は市長選、市議選ともに79.27%で、市長選は選挙戦となった前々回(2010年)を6.34ポイント下回り、市議選は前回(2014年)を0.46ポイント上回りました。

【関連記事】



コメントを残す