民進・希望くすぶる合流論 連合が後押し、残るしこり – 日本経済新聞

Home » 地方選 » 民進・希望くすぶる合流論 連合が後押し、残るしこり – 日本経済新聞
地方選 コメントはまだありません



 民進党と希望の党の間で合流論がくすぶっている。民進党内では来年の統一地方選や参院選を前に、新党へ移行する案が浮上。憲法など基本政策を巡る路線対立が表面化する希望の党も、玉木雄一郎代表は政策面での民進党への回帰を鮮明にしている。支持団体の連合は合流を後押しし、民進、希望両党の執行部が反対論を押し切れるかが焦点になる。

 民進党は4日に開いた党大会で、同党から分裂した立憲民主党と希望の党との連携を深め…





コメントを残す