豊洲移転準備、業界が要望 駐車場不足や風評払拭 – 日本経済新聞

Home » 1政治スキャンダル » 東京都豊洲新市場の欠陥問題 » 豊洲移転準備、業界が要望 駐車場不足や風評払拭 – 日本経済新聞
東京都豊洲新市場の欠陥問題 コメントはまだありません



 東京都と築地市場の業界団体は5日、豊洲市場への移転準備について話し合う新市場建設協議会を開いた。都は10月11日の移転に向けた段取りを中心に説明した。業界団体からは豊洲の駐車場不足や風評などへの懸念の声が上がり、都への要望が相次いだ。

都は10月11日の移転に向けた段取りを説明(東京都中央区の築地市場)

 一部の団体は数百台分の駐車場不足を問題として提起した。都は市場周辺の民有地の活用などを検討していると応じた。

 風評の払拭に関しては、築地市場協会の泉未紀夫副会長が「小池百合子知事が地道に努力する姿が見えない」と指摘。小池知事の具体的な対応を求めた。

 同協会の伊藤裕康会長は風評払拭のPR事業や2018年度予算案での移転関連費について、事前説明がないと批判。「官尊民卑で良い市場はできない」と述べ、都と業界団体との緊密な意思疎通を求めた。都の村松明典・中央卸売市場長は「意見を踏まえ、移転に精力的に取り組む」と語った。





コメントを残す