公明・山口那津男代表、憲法審査会「白紙で望む」 – 産経ニュース

Home » 地方選 » 公明・山口那津男代表、憲法審査会「白紙で望む」 – 産経ニュース
地方選 コメントはまだありません



 公明党の山口那津男代表は22日、安倍晋三首相が同日の施政方針演説で、各党に憲法審査会に憲法改正に向けた具体案を提示するよう要請したことについて「白紙で臨む。憲法審査会の議論がどうなるかをよく見て対応を考えたい」と述べた。同時に「われわれは(現時点で)議論の結論を持っていない。われわれの考え方に基づいて検討していく」と語り、自民党のペースで改憲論議が進むことを牽制(けんせい)した。

 安倍首相が憲法審査会での議論進展に「期待する」と呼びかけたことに対しては、「首相としての立場ではなく、自民党総裁として言及したものだ。あくまで期待は期待で、政府の取り組むべき課題ではないということははっきりしている」とも語った。

 公明党は今月下旬にも党憲法調査会での議論を再開する方針だ。ただ、党内には来年の統一地方選や参院選を見据えて改憲に慎重な意見も多く、意見集約に向けたハードルは高そうだ。





コメントを残す