岐阜市長選が告示 戦後最多の7人立候補 – 日本経済新聞

Home » 市区町村議選 » 岐阜市長選が告示 戦後最多の7人立候補 – 日本経済新聞
市区町村議選 コメントはまだありません



 任期満了に伴う岐阜市長選は21日告示され、会社社長中西謙司氏(56)=自民推薦、旧民主党元衆院議員柴橋正直氏(38)ら、いずれも無所属新人の7人が立候補を届け出た。28日に投票、即日開票される。市選挙管理委員会によると、同市の市長選で、戦後最多の候補者数という。

 混戦で票が分散し、1位の候補者が法定得票数(有効投票総数の4分の1以上)を得られず再選挙となる可能性が指摘されている。この規定による首長選の再選挙は、2017年の鹿児島県西之表市など6市町で例がある。

 岐阜市長選は市役所新庁舎建設計画の是非が主な争点。

 中西氏は公明党県本部から支持を受けた。他に立候補したのは、元市議森下満寿美(57)=共産推薦、元参院議員秘書吉田里江(52)、元銀行員小森忠良(59)、会社社長棚橋保之(37)、尺八講師中根西光(69)の各氏。〔共同〕





コメントを残す