希望、民進が統一会派結成へ 幹事長会談で大筋合意

Home » ニュース » 希望、民進が統一会派結成へ 幹事長会談で大筋合意
ニュース, 西日本新聞 コメントはまだありません



 希望の党の古川元久、民進党の増子輝彦両幹事長は14日、東京都内で会談し、国会での統一会派結成について大筋合意した。15日に合意文書を正式に交わし、党内手続きを進める。会談後、両氏が記者団に明らかにした。実現すれば、衆参両院で野党第1会派となる。

 両氏によると、見解に隔たりのあった安全保障関連法への対応に関して折り合いが付いたという。ただ両党それぞれに統一会派結成に反対する声があり、今後の党内手続きで紛糾する可能性もある。





コメントを残す