“年内にも国会で憲法改正の発議” 自民 二階幹事長

Home » 3媒体 » NHKオンライン » “年内にも国会で憲法改正の発議” 自民 二階幹事長
NHKオンライン コメントはまだありません



自民党の二階幹事長は、12日夜、BSフジの番組で、憲法改正について、議論が深まりつつあるとして、年内にも、国会で、改正の発議を行いたいという考えを示しました。

この中で、二階幹事長は、憲法改正について、「国民の目が、ようやく、憲法改正に向きかけてきており、新しい時代に合うような憲法をみんなで作ろうという機運を、さらに、大きく加速させていくことが大事だ」と指摘しました。

そのうえで、二階氏は、「今までの議論で、相当なところまで来ているわけだから、1年もあれば、よいのではないか。『3年先でいいよ』などと言っていたら、いつまでたっても実現できないので、腹をくくって努力すべきだ」と述べ、年内にも、国会で、憲法改正の発議を行いたいという考えを示しました。

このあと、二階氏は、記者団に対し、「これからの議論の中で、おのずから収れんしていくことで、今から、『いつにしよう』とか、『早くやれ』という乱暴なことではないが、1年というのを1つの目標に置いて議論すればよいのではないか。慎重とスピードのバランスを取りながら、議論を進めていくことが重要だ」と述べました。





コメントを残す