希望 古川幹事長 民進との基本政策での合意可能

Home » 3媒体 » NHKオンライン » 希望 古川幹事長 民進との基本政策での合意可能
NHKオンライン コメントはまだありません



希望の党の古川幹事長は名古屋市で記者団に対し、民進党との統一会派の結成に向けて、安全保障関連法への対応など基本政策での両党の合意は可能だという認識を示し、詰めの調整を急いだうえで、来週前半には結論を出したいという考えを示しました。

民進党と希望の党は今月22日に召集される通常国会での統一会派の結成に向けて、安全保障関連法への対応など基本政策のすり合わせを進めています。

これについて、希望の党の古川幹事長は名古屋市で記者団に対し、「安全保障関連法には受け入れられる部分と受け入れられない部分があり、見直しに向けて党内で議論している。民進党も『すべてが違憲だ』とは言ってない」と述べ、安全保障関連法への対応など基本政策での両党の合意は可能だという認識を示しました。

そのうえで、古川氏は「時間がかぎられているので、来週の前半には結論を出せるよう努力したい」と述べ、民進党との間で詰めの調整を急ぎ、来週前半には結論を出したいという考えを示しました。

一方、民進党の大塚代表は名古屋市で記者会見し、「立憲民主党、希望の党との3党での統一会派を目指しており、引き続き、立憲民主党にもテーブルについていただけるようお願いしている」と述べました。





コメントを残す