安倍総理がラトビア首相と会談 北へ圧力強化で一致

Home » 3媒体 » グノシー » 安倍総理がラトビア首相と会談 北へ圧力強化で一致
グノシー コメントはまだありません



No image

ヨーロッパを歴訪中の安倍総理大臣は、2番目の訪問国であるラトビアのクチンスキス首相と会談し、北朝鮮に対する圧力強化の方針を改めて確認しました。

安倍総理とクチンスキス首相との会談は、今回が2回目です。会談で安倍総理は「北朝鮮への圧力を強化することが重要だ」と強調しました。これに対してクチンスキス首相は、「できるだけのことをしていく」と応じ、拉致問題の早期解決の必要性についても理解を示しました。ラトビアは北朝鮮と国交がありますが、独自制裁も行っていて、クチンスキス首相が先月に日本を訪れた際、北朝鮮への圧力を強化する方針で一致していました。また、会談で両首脳は、経済分野や人的交流など2国間関係を強化していくことで合意しました。





コメントを残す