総務相 石川の民放2社は重大事故 再発防止策求める

Home » 3媒体 » NHKオンライン » 総務相 石川の民放2社は重大事故 再発防止策求める
NHKオンライン コメントはまだありません



野田総務大臣は閣議の後の記者会見で、石川県の民放2社が、落雷が原因と見られる火災の影響で広い範囲で視聴できない状態が続いたことについて、重大事故にあたるとして、来月9日までに原因を究明して再発防止策を報告するよう求めたことを明らかにしました。

金沢市に本社がある民放「北陸放送」と「石川テレビ放送」は、10日、共用している送信用の鉄塔で、落雷が原因と見られる火事が起きてケーブルが焼け、石川県内の広い範囲で視聴できない状態が続きました。

これについて、野田総務大臣は、閣議の後の記者会見で、「38万世帯が影響を受けたが、現在は2万7000世帯まで復旧したと聞いている。事業者は、早期の完全復旧に向けて取り組んでほしい」と述べました。

そのうえで、「この件は、重大事故に該当するので、放送法に基づいて、事故原因や再発防止策の詳細について、30日以内に報告を受けることになる」と述べ、2社に対し、来月9日までに原因を究明して再発防止策を報告するよう求めたことを明らかにしました。





コメントを残す