極寒の中おもしろ写真を撮るお父さん、実は彼の人生は壮絶そのもの – BuzzFeed Japan

Home » 政治家 » 極寒の中おもしろ写真を撮るお父さん、実は彼の人生は壮絶そのもの – BuzzFeed Japan
政治家 コメントはまだありません



「車で通りすぎる人たちの表情を見るのは最高だ。自分なりに楽しんでいるし、それを見て楽しんでくれる人がいるならばなにより。だから来る日も来る日も、家の外にいるんだ」

「父はいつも気さくで、話しやすい性格です。ただ昔は、お茶目な一面を見ることができませんでした」とマロリーさんはコメントしています。

「父がおもしろ写真を撮るようになったのは、断酒を始めた2013年からです。アルコール依存症を治療していく過程で、今のおちゃめな姿に変化していきました」

政治家のスピーチライターとして活動した頃のウルフさんは25年もの間、四六時中お酒を飲んでいました。主任のライターとして、当時ニューヨーク州知事を務めたジョージ・パタキ氏のスピーチ原稿を代作していた10年間も例外ではありません。

それだけでなく、2005年に離婚した妻との間に生まれた二人の子どもを育てている時も、お酒を飲み続けていたのです。「子どもたちは、私がアルコール浴びるように飲んでいたのを目の当たりにしています」とウルフさん。

「リハビリ治療を開始する前、集中治療室に運ばれるほど飲みすぎてしまったことがあります。本当に死の瀬戸際だったのです。自分の父が死にかけている光景を子どもたちに見せてしまいました。彼らのトラウマを取り除いてあげなくてはいけないと思いました」

ウルフさんは現在、新たな本の執筆に取り組んでいます。内容はいかにして彼が断酒の道のりをたどったのかについて。本の中で彼は、「お酒を飲むのをやめるという強い意思がなく、何度も断酒に失敗した。それでも子どもたちに勇気付けてもらっておかげで、一年後、お酒をやめるという確固たる自信を得ることができた」と語っています。

そうしてお酒をやめたウルフさんは、おもしろ写真の撮影を始めたのです。

「しばらくの間、マロリーと自分は二人で生活をしていた。そんな中でも娘はひとりでに、しっかり育っていった。とても誇りに思う」

「いきなり部屋を出て行ったと思ったら、踊りながら戻ってきたり。コスプレをして出てきた時もありました」
とリサさんは言います。

「街の人は私を見かけると、彼がいかに面白いかを伝えてくるのです」

ウルフさんはそんなジョークを言いつつも、「ありのままの姿でいることは素晴らしい」と写真を通じて人々を勇気づけられればと語ってくれました。

「自分と同じようにお酒を飲んでいたら、人生をダメにしてしまうよ。今は、何にでもなれるってぐらいの自信を取り戻すことができたけれども。写真を見ている人の中には、自分のおどけた姿を見てバカだなと思っている人もいるかもしれない。それでも楽しんでやっているし、なおかつこんな幸せを子どもたちと共有できるなんて最高だよ」

この記事は英語から翻訳されました。





コメントを残す