外相がスー・チー氏と会談 ロヒンギャの人権改善求める

Home » 3媒体 » NHKオンライン » 外相がスー・チー氏と会談 ロヒンギャの人権改善求める
NHKオンライン コメントはまだありません



ミャンマーを訪れている河野外務大臣は、就任後初めて、アウン・サン・スー・チー国家顧問と会談し、隣国に避難している少数派、ロヒンギャの人権状況の改善を求め、帰還後の生活を後押しするため、3億3000万円の緊急無償資金協力を行う考えを伝えました。

ミャンマーを訪れている河野外務大臣は、日本時間の12日午後、アウン・サン・スー・チー国家顧問と就任後初めて会談しました。

会談で河野大臣は、ミャンマーの少数派、ロヒンギャの住民の多くが隣国バングラデシュに避難している問題をめぐって、人道状況の改善や安全で自発的な帰還などを求めました。

そのうえで、帰還後の生活を後押しするため、発電機や浄水器など生活に必要な物資の供与などに300万ドル、日本円にして3億3000万円の緊急無償資金協力を行うことや、国際機関を通じて、女性の自立促進のための職業訓練などにおよそ2000万ドル規模の支援を行うことを伝えました。

この後、河野大臣は共同記者会見で、今後予定されるロヒンギャの帰還について「分断を作り出すのではなく、融和を進めながら、細心の注意を払って進める必要がある。日本として最大限支えていきたい」と述べました。

これに対し、スー・チー氏は「国際社会が大きな関心を持っているのは知っているが、この問題は非常に広範な問題だ。コミュニティの間の融和、友好関係を醸成していくことが非常に重要で、これから何をしていくべきかを決めるのはわれわれ自身だ」と述べました。





コメントを残す