「組織を認めることと、何ができるかは別の議論」憲法9条への自衛隊明記をめぐって、橋下氏が与野党議員に喝 – BLOGOS

Home » 1政治スキャンダル » 柚木道義衆院議員 1日でタクシー代94万円計上 » 「組織を認めることと、何ができるかは別の議論」憲法9条への自衛隊明記をめぐって、橋下氏が与野党議員に喝 – BLOGOS



 2020年の憲法改正を目指す自民党は、通常国会に改正案を提出すべく協議を進めている。去年、安倍総理が打ち出した自衛隊の明記について、メリット、デメリットはどこにあるのか。1日に放送された『橋下徹のニッポン改造論』では、そんな日本が抱える難題を賛成派・反対派の国会議員がわかりやすく説明し、どちらの主張がより分かりやすかったかを考えた。

■自民・柴山氏「自衛隊の士気を上げ、国民の理解も深まる」

 改正賛成派として出演した自民党の秋元司・衆議院議員は自衛隊を「家庭」に例えた紙芝居で説明。「ママは子どもの世話や家事を一生懸命頑張っている。しかも、帰ってきた家族に言われるのは『ママ、あれもやって、これもやって』。ママはなかなかモチベーションが上がらない。そこでママが家族の仕事の分担表を作った。これで仕事量が分かり、感謝されるようになった。縁の下の力持ちだったんですね」。

 これを自民党憲法改正推進本部の事務局次長でもある柴山昌彦・衆議院議員は法律に当てはめ、「その”縁の下の力持ち”である自衛隊が正当に評価されていないというのが私達の問題意識。中国やロシアから日本に向かって戦闘機が飛んでくると、自衛隊が緊急出動(スクランブル)するのだが、昭和30年代はほとんどなかった出動が、平成になって、年間1000回以上。それだけではない。東日本大震災の時も、昼夜もなく一生懸命活動していた」と指摘。

 その上で、「終戦後、吉田茂総理は『一切の軍備と国の交戦権を認めない結果、自衛権の発動としての戦争もまた交戦権も放棄したものであります』(1946年6月26日)と紹介。だが1972年の解釈変更では『自国の平和と安全を維持し、その存立を全うするために必要な自衛の措置をとることを禁じているとは到底解されない』となったにも関わらず、憲法の文言はそのまま。朝日新聞デジタルに掲載された安保法案憲法学者アンケート(2015年6月実施)では、『現在の自衛隊の存在は憲法違反にあたりますか?』との問いに、『あたる』あるいは『あたる可能性がある』と回答したのは122人中72人にのぼった。これはもう明らかに異常。自衛隊の河野克俊統合幕僚長も記者会見で『一自衛官として申し上げるなら、自衛隊の根拠規定が明記されるのではあれば非常にありがたいと思う』と述べている。自衛隊を明記することで自衛隊の士気を上げる、国民の理解も深まる」と訴えた。

■民進・小西氏「”米衛隊”を憲法に書き込むのは危険」

 賛成派の主張に対し、反対派として登場した民進党の小西洋之・参議院議員は「完全論破したい」と自信たっぷり。2015年に成立した安全保障関連法では、密接な関係にある同盟国が攻撃された場合、日本が直接攻撃を受けていなくても自衛隊が武力行使できるよう、集団的自衛権の行使を一部容認した。憲法9条の解釈を変更した上で成立した経緯をめぐっては、「戦争に繋がる」と国会前で反対するデモが起きた。

 小西議員は「自衛隊が災害救助とか、いざという時には戦ってくれることに感謝も敬意も表している」としながらも、「安保法制によって、今の自衛隊は、日本を守るだけの自衛隊ではなく、アメリカも守れる組織”米衛隊”になった。この状態のまま自衛隊を9条に書き込むと、9条が壊れてしまう」と、集団的自衛権の行使が一部容認された自衛隊を正当化するための憲法改正は危険だと主張する。

 そして紙芝居を使いながら「あるところに、心優しい日野少年という男の子がいた。お母さんの憲子さんが『自分の身は自分で守りなさい』とスタンガンをくれた。ただ『このスタンガンは自分を守るためだけに使いなさい』と言われていたのに、ちょっと気の強い米田くんが『いいもの持ってるな、手伝え』と言ってきた。日野少年は泣く泣く隣町のケンカ、つまり海外派兵することになった。結局、日野少年はボコボコにされてしまった」と、日本の行く末を説明した。

 同じく反対派・希望の党の柚木道義・衆議院議員は小西氏の説明に同意しつつ「自衛隊を明記するとスッキリする面は出てくる。他方、巻き込まれるリスクがデメリットとして出て来る。地球の裏側まで出かけて行って戦うようになると、ロンドンやマドリッドで駅が爆破されてたくさんの人が亡くなったようなことが日本でも起こるのではないか」と警鐘を鳴らした。





コメントを残す