【芸能界スキャンダル 2017年総まくり】熟年が目立った17年不倫騒動 … – ZAKZAK

Home » 1政治スキャンダル » 中川俊直衆院議員 不倫問題 » 【芸能界スキャンダル 2017年総まくり】熟年が目立った17年不倫騒動 … – ZAKZAK
中川俊直衆院議員 不倫問題 コメントはまだありません





★(1)

 “不倫”の本来の意味は、心が浮ついている〈浮気〉どころではなく、人道にそむくというだ。人道にそむけば、犯罪と同じように、これこそ大スキャンダル。だからこそ、人やスポンサーは“不倫”に敏感になる。

 2017年の不倫騒動を締めくくるにふさわしかった。タレント、太川陽介(58)の妻で女優、藤吉久美子(56)の不倫疑惑。太川は「僕は信じるよ」と気丈なコメントをしたが、世間が信じるはずはない。

 夫が「路線バス乗り継ぎの旅」ロケ中の逢瀬。「亭主元気で留守がいい」を実践した藤吉は、号泣謝罪で「体をほぐしてもらっていた」と弁解したが、どこをほぐしてもらったのか。泣きたいのは亭主だろう。

 振り返れば今年の不倫騒動は熟年が目立つ。女優の斉藤由貴(51)だけでなく、今井絵理子参院議員(33)は子供を親に任せて、妻子ある元神戸市議(37)とお手々つないで新幹線旅行だから、これぞ国費の無駄。今年4月には、中川俊直元衆院議員は重婚騒動に発展、9月には山尾志桜里衆院議員のW不倫疑惑で騒然となるなど、今や国会議員もタレント顔負けのお騒がせぶりだ。

 共通するのは「泊まったが男女の関係がない」という言い訳。やる目的がなければ宿泊しないはず。そんな言い逃れが通用するはずがない。高校生でもわかる言い訳はやめたほうがいい。いっそ「離婚も覚悟しています。これは私の生き方」と開き直るほうが人間的だ。嘘は不倫以上に人間としての信頼を失う。

 昨今タレントが男女関係を否定する裏にはCMの影響が大きい。不倫騒動が起きるとスポンサーはほとんど降板する。不倫は最も高くつくのだ。




zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう



コメントを残す