野田総務相 子育て世代議員への議論進展に期待

Home » 3媒体 » NHKオンライン » 野田総務相 子育て世代議員への議論進展に期待
NHKオンライン コメントはまだありません



野田総務大臣は閣議のあとの記者会見で、先月、熊本市議会で女性議員が赤ちゃんを連れて議場に入り、退席を求められたことについて、子育て世代の議員の抱える問題が浮き彫りになったとして、今後、議会の在り方について議論が進むことに期待感を示しました。

先月、熊本市議会で、女性議員が生後7か月の長男を連れて議場に入り、「議員以外は議場に入れない」とする議会の規則に反するとして退席を求められ、開会が40分遅れました。

これについて、女性活躍担当大臣を兼務する野田総務大臣は、閣議のあとの記者会見で、「子育て現役世代が、議員として働くために問題を抱えていることが浮き彫りになった。ただ、ルールがあるので、守った上で、問いかけをしてもらったほうがよかった」と述べました。

そのうえで、野田大臣は、「女性が議員になると、こういう問題が起きるということを、男性も女性も受け止めてもらい、今の議会の在り方をどう変えるべきかという動きにつながっていけばと期待している」と述べました。





コメントを残す