自民改憲の4項目に見解策定へ – ロイター

Home » 参院選 » 自民改憲の4項目に見解策定へ – ロイター
参院選 コメントはまだありません



 公明党は8日午前、党憲法調査会(会長・北側一雄中央幹事会会長)の幹部会合を国会内で開き、自民党が検討している9条への自衛隊明記など憲法改正4項目について、党見解を策定する方針を決めた。来年の通常国会で改憲論議が本格化するのに備える狙い。調査会会合は6月以来。

 公明党は9条への自衛隊明記に関し賛否を示していない。党内には「あいまいな対応により、衆院選での不振を招いた」との不満が出ていた。

 自民党が検討しているのは自衛隊明記と緊急事態条項、教育無償化・充実強化、参院選「合区」解消の4項目。



【共同通信】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」



コメントを残す