改正給与法が成立=国家公務員、増額へ

Home » 3媒体 » グノシー » 改正給与法が成立=国家公務員、増額へ
グノシー コメントはまだありません



国家公務員の給与を民間企業並みに引き上げる改正給与法が8日午前の参院本会議で、与党と民進党などの賛成多数で可決、成立した。今年8月の人事院勧告通りに月給を平均で631円増額し、ボーナス(期末・勤勉手当)の支給月数を0.1カ月引き上げて年間4.4カ月とする。増額分は4月にさかのぼって支給し、平均年収は5万1000円増の675万9000円となる。

民間の水準より高い公務員の退職金を、平均で78万1000円引き下げる改正退職手当法も可決、成立した。(2017/12/08-11:58)





コメントを残す