全国最年長の首長が引退表明 88歳 – 毎日新聞

Home » 都道府県議選 » 全国最年長の首長が引退表明 88歳 – 毎日新聞
都道府県議選 コメントはまだありません



引退を表明した藤井賢町長=香川県綾川町で2017年12月8日午前9時33分、岩崎邦宏撮影



 全国最年長の現職首長、香川県綾川町の藤井賢町長(88)が8日、来年4月22日の任期満了に伴う次期町長選に出馬せず、3期目の今期限りで引退することを表明した。8日開会の町議会で「高齢と体力の衰えもあり、引退させていただきたい」と述べた。

 藤井氏は1958年、合併前の旧綾南町議に初当選し、県議を経て87年から旧綾南町長を5期務めた。2006年から旧綾上町と合併した綾川町長となり、前回選では高齢を問題視する対立候補らとの選挙戦を制した。首長としての通算在任期間は30年を超える。【岩崎邦宏】






コメントを残す