合区条例案の提出見送りを…下伊那郡町村会 – 読売新聞

Home » 市区町村長選 » 合区条例案の提出見送りを…下伊那郡町村会 – 読売新聞
市区町村長選 コメントはまだありません



 県議選の区割りなどを議論している県議会特別委員会(古田芙士委員長)が下伊那郡選挙区(定数2)を飯田市選挙区(同3)と合区し定数を4とすることを決めたことを受け、同郡町村会は6日、県議会議長や全4会派、古田委員長らに条例案提出を2月議会まで見送るよう求める要望を行った。

 町村会の小池正充筆頭副会長(平谷村長)ら5首長は同日午後、県庁で「これまでの要望と違った決定となり、住民への説明ができない」などと申し入れた。古田委員長は「時間があれば、ほかにいい方法が出せるかというと難しい」と特別委の決定に理解を求めた。

 特別委は6日午前に非公開の協議会を開催し、8日の県議会11月定例会最終日に委員会提案を行う方針を確認した。





コメントを残す