立憲・長妻氏「姑息で国益に反する」=巡航ミサイル、野党が追及へ

Home » 3媒体 » グノシー » 立憲・長妻氏「姑息で国益に反する」=巡航ミサイル、野党が追及へ
グノシー コメントはまだありません



立憲民主党の長妻昭代表代行は6日、政府が敵基地攻撃も可能となる長距離巡航ミサイルの導入を検討していることについて「こういう姑息(こそく)な形で防衛政策を進めては国益に反する。是非も含めて国民の前できちんと議論することが重要だ」と述べ、国会でただす考えを示した。国会内で記者団の質問に答えた。

希望の党の玉木雄一郎代表も記者団に「日本の安全保障方針を大きく変えることにもつながる。政府には明確な説明を求めていきたい」と述べた。

共産党の穀田恵二国対委員長は記者会見で「極めて危険だ。こういう検討は直ちにやめるべきだ」と批判した。(2017/12/06-16:37)





コメントを残す