益子町長選、大塚氏が4選出馬正式表明 人口減見据え人、地域づくり進める – 下野新聞

Home » 市区町村長選 » 益子町長選、大塚氏が4選出馬正式表明 人口減見据え人、地域づくり進める – 下野新聞
市区町村長選 コメントはまだありません



 益子町の大塚朋之(おおつかともゆき)町長(52)は5日、定例町議会一般質問で、任期満了に伴い来年4月10日告示、15日投開票で行われる同町長選に4選を目指して立候補する考えを正式に表明した。小島富子(こじまとみこ)氏の質問に答えた。

 大塚氏は「3期目は全国的な人口減少に対応するための総合戦略『新ましこ未来計画』を推進した。来年度は計画の中間年度に当たり、計画に定めた目標を成し遂げる責任、使命がある」とした。その上で「人口減少と少子化の波は予想以上に強い。これからはいかに地方が食べていける時代をつくるかが大切だ。長い時間をかけ、まずは人、地域づくりを進める。これまでの4年間と今後の町のビジョンに対して審判を求めたい」と述べた。





コメントを残す