政府 大学など無償化、一定条件を盛り込む方向で調整

Home » 3媒体 » グノシー » 政府 大学など無償化、一定条件を盛り込む方向で調整
グノシー コメントはまだありません



政府は、今週8日に決定する大学など高等教育への支援策について、入学後の成績によっては支援を打ち切るなど、一定の条件を盛り込む方向で調整を進めています。

政府は住民税が非課税の世帯を対象に大学など高等教育の無償化と共に、返済が必要ない給付型の奨学金を拡充する方針です。

政府が調整を進めている案では、国立大学は入学金と授業料を免除、私立大学は、さらに一定額を上乗せして助成するほか、生活費を賄うための返済する必要のない給付型奨学金も拡充されます。また、支援を受ける学生には、入学後の単位の取得状況や成績によっては支援を打ち切るとしているほか、対象となる大学として学問の追求と実践的教育とのバランスなどを条件としてあげています。

政府は高等教育の無償化を2020年4月から実施する考えで、今週8日に政策パッケージとして閣議決定する方針です。(06日14:14)





コメントを残す