“強い”大臣、官僚組織も改革 – 舛添要一・元厚労大臣に聞く Vol.2 – m3.com

Home » 1政治スキャンダル » “強い”大臣、官僚組織も改革 – 舛添要一・元厚労大臣に聞く Vol.2 – m3.com
1政治スキャンダル, 舛添要一前東京都知事政治資金問題 コメントはまだありません



重視したのは対医療界より対マスコミ

2017年12月6日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


――厚労大臣時代、常に社会の目を意識し、マスコミを上手に使われていたように映ります。広報活動は大事。厚労大臣に就任して最初に取り組んだのが、記者会見場を変えること。今、厚労大臣が会見する時は、紺色のカーテンが引かれますが、あれは私の時代に用意したもの。厚労省のロゴマークも、公募して作りました。また医療制度改革をはじめ、大事な情報ほど、いかに正確に伝えるかが大事。国民は誰が発言するかを見ており、ポジションが上の人ほど信頼性は高まるため、要所要所で私が会見を担当していました。舛添要一氏は、参院比例代…

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事



コメントを残す