岩泉町長:「幻覚で飛び込んだ」抱きつき認め、辞職も検討

Home » 3媒体 » 毎日新聞 社説・解説・コラム » 岩泉町長:「幻覚で飛び込んだ」抱きつき認め、辞職も検討
毎日新聞 社説・解説・コラム コメントはまだありません



記者会見で頭を下げる岩手県岩泉町の伊達勝身町長=共同



記者会見し「記者への迷惑行為に心から謝罪」

 岩手日報社の女性記者にわいせつ行為をしたと報じられた岩手県岩泉町の伊達勝身町長(74)は6日、記者会見し、記者に抱きついたことを認めた。進退については「辞職も含めて考えていく」と述べた。

 同時に「町は昨年の台風10号からの復興途中で(進退について)関係者と協議している」と言及。記者にキスをしたとの指摘に関しては「記憶にない」と明言を避けた。

 宿泊先を訪れたことを巡り「わいせつ目的で会いに行ったのではない。幻聴・幻覚によって飛び込んでいった」と語った。その上で「記者に対する迷惑行為に対し、心から謝罪する」と述べた。(共同)






コメントを残す