小野寺防衛相、米大使と会談 「同盟の抑止力強化」

Home » ニュース » 小野寺防衛相、米大使と会談 「同盟の抑止力強化」
ニュース, 西日本新聞 コメントはまだありません



 小野寺五典防衛相は6日、ハガティ駐日米大使と防衛省で会談し、北朝鮮の新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射について「度重なる挑発行為は断じて容認できず、日米同盟の抑止力、対処力を一層強化する必要がある」と述べた。

 ハガティ氏は「日米の協力が大切だ」と強調。両氏は日米が連携して圧力を強める必要があるとの認識で一致した。

 弾道ミサイル防衛の強化策として日本が導入予定の地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を、最速のスケジュールで配備できるよう協力することも確認した。





コメントを残す