京都の山田知事、次期知事選不出馬へ 6日正式表明 – 朝日新聞

Home » 知事選 » 京都の山田知事、次期知事選不出馬へ 6日正式表明 – 朝日新聞
知事選 コメントはまだありません



 京都府の山田啓二知事(63)が来春の知事選に立候補しない意向を固めた。6日に正式表明する。山田氏は自治省(現総務省)出身。京都府副知事を務め、2002年の知事選で自民、民主、公明などや経済界の支援を受けて初当選し、現在4期目。11年4月から全国知事会の会長も務めている。

 山田氏は寺社が集まる京都市以外の府北部や南部の観光施策を打ち出し、文化庁の京都移転も実現。04年に府内で鳥インフルエンザが発生した際には陣頭指揮をとった。一方、府議会与党を構成する自民党からは多選批判の声があった。

 知事は11月22日、5選を目指すよう要請した府内市町村長らに「行政は駅伝のようにつながなければならない。どこで次にバトンタッチするかということも考えねばならない。それを含めて総合的に判断したい」と答えていた。

 これまでに知事選への立候補を表明した人はおらず、共産党府委員会や労組などでつくる「民主府政の会」が擁立を目指している。





コメントを残す