スタバ・ヨドバシカメラ 福袋“抽選制”に – ニコニコニュース

Home » 2選挙結果 » スタバ・ヨドバシカメラ 福袋“抽選制”に – ニコニコニュース
2選挙結果 コメントはまだありません



例年福袋が人気で、争奪戦となるスターバックス、ヨドバシカメラが、今年から福袋を抽選制にした。いずれも特設サイトから申し込み、抽選で当たった人だけが購入できるというものだ。

スターバックスでは昨年、ある店舗に並んだ先頭グループが福袋すべてを買い占め、大騒動になった。そんな状況を鑑みてなのかどうか、来年の福袋は抽選制を採用。同社HPでは、抽選制にした理由を「ゆったりとお正月をお迎えいただきたい、お店で少しでもゆったりコーヒーをお楽しみいただきたい。そんな想いから、福袋のオンライン抽選を行い、店舗で『当選eTicket』とお引き換えいただくことといたしました」と説明している。

方法は「My Starbucks」会員に登録後、引き換えを希望する店舗を最大3店舗まで選択し、抽選にエントリー。当選者にはメールで「福袋2018 当選eTicket」が配信され、当選者は対象店舗の販売初日に、「当選eTicket」と引き換えに福袋を購入する。エントリー受付期間は12月13日23時59分まで。

また、例年福袋のWeb販売を開始するとともにアクセスが集中するヨドバシ・ドット・コムでも、来年の福袋「2018年 夢のお年玉箱」は抽選制にすると発表。抽選は今年1月から11月末までの間に、ヨドバシ・ドット・コムで会員ログインをして買い物をしたか、ポイント共通化済みでヨドバシカメラ店舗で買い物をした人、あるいは11月末時点で「GOLD POINT CARD+」となっている会員が優先される。それ以外の人については、予定販売数に達しなかった場合のみ、一般抽選が行われるという。

抽選は申し込み締め切り後に倍率の高かった福袋から順番に行い、申し込みは複数可能であるものの1点当選した時点でそれ以外は無効となる。当選者には、注文専用ページへのリンクアドレスが記載されたメールが送られ、当選者はこのアドレスから購入するという仕組みだ。こちらの受付期間は12月8日9時59分まで。

これらの措置に対し、Twitterでは、概ね歓迎の声があがっており、

“スタバの福袋、抽選申し込み完了!当たるといいなぁ~このシステムすばらしいな!並ばなくってすむし!(当たんないと意味ないけど)”
“スタバの福袋抽選制にしたの賢いの極み もうあんな地獄で並びたくはない”

などという声のほか、

“久しぶりに、スターバックスの福袋争奪戦に参加してみた。抽選っていうのもあって、当たったらいいなぁ~程度だけど。毎年毎年、買い占められて、並んでも意味なしの危険があったからねぇ。当たったら、喜んで、受け取りに参りますわ。ふふふ。楽しみ。”

と、これまで“参戦”しなかった人から歓迎の声も。これで来年は穏やかな正月を迎えられそう?
(花賀 太)

■関連リンク
ヨドバシ・ドット・コム – 2018年 夢のお年玉箱 抽選申し込み受付中
https://lottery.yodobashi.com/
福袋 2018|スターバックス コーヒー ジャパン
http://www.starbucks.co.jp/luckybag/





コメントを残す