クラシック巨匠がセクハラか メトロポリタン歌劇場の名誉監督ジェームズ・レバイン氏停職 – 産経ニュース

Home » 1政治スキャンダル » 塩村文夏東京議都議会セクハラ野次問題 » クラシック巨匠がセクハラか メトロポリタン歌劇場の名誉監督ジェームズ・レバイン氏停職 – 産経ニュース
塩村文夏東京議都議会セクハラ野次問題 コメントはまだありません



記事詳細


更新

ジェームズ・レバイン氏=2006年7月、米マサチューセッツ州(AP)
1/1枚

 【ニューヨーク=上塚真由】米ニューヨークのメトロポリタン歌劇場(MET)は3日、名誉音楽監督で米クラシック界の巨匠の一人、ジェームズ・レバイン氏(74)について、数十年前の複数の少年に対するセクハラ疑惑で、停職処分にすると発表した。

<< 下に続く >>


 米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)が3日、1960年代後半から1980年代にかけて、レバイン氏からセクハラ行為を受けたとする当時10代だった男性3人の告発記事を掲載。うち1人は昨年10月に警察に届け出たという。

 METは昨年の段階で警察から連絡を受けていたが、本人がセクハラ行為を否定したため、それ以上の対応を取っていなかった。報道を受けて、外部の法律事務所に調査を依頼。レバイン氏は年末からプッチーニのオペラ「トスカ」の指揮を執る予定だったが、調査の結果が明らかになるまでは公演に関わらない。

 レバイン氏は71年に指揮者としてMETにデビュー。約40年間にわたり音楽監督として活躍し、昨年からは名誉音楽監督となった。









コメントを残す