玉田副市長再任へ 退任の鳥居氏後任は空席 神戸市 – 神戸新聞

Home » 市区町村長選 » 玉田副市長再任へ 退任の鳥居氏後任は空席 神戸市 – 神戸新聞
市区町村長選 コメントはまだありません



 10月の神戸市長選で再選を果たした久元喜造市長(63)が、28日で任期満了となる玉田敏郎副市長(60)を再任する方針であることが17日、市関係者への取材で分かった。同じく28日に任期満了となる鳥居聡副市長(62)は退任する。鳥居副市長の後任は当面、空席となる見通し。

 久元市長の2期目の任期は20日にスタートし、29日の市会本会議に玉田氏の再任案を提案する。玉田氏は1979年に採用され、先端医療振興財団専務理事や企画調整部長、行財政局長を歴任した。2013年11月に副市長に就任し、財政や医療・福祉、子育て・教育分野などを担当してきた。

 道路・公園事業や三宮再整備などを担当していた鳥居氏の後任は、来年春を待って選任するとみられる。岡口憲義副市長(63)の任期は18年3月まで。(森本尚樹)





コメントを残す