加計学園認可で野党追及「国会審議して認可すべき」

Home » 3媒体 » グノシー » 加計学園認可で野党追及「国会審議して認可すべき」
グノシー コメントはまだありません



No image

加計学園の獣医学部新設計画が認可されたことを受け、野党側が国会で審議した上で認可すべきだったなどと政府側を追及しました。

「驚くことに昨日、正式に認可を出されました。どうしてこれをもう少し待って、こういう審議をしたあと正式な認可を出すという手続きをとられなかったんですか?」(希望の党 今井雅人 衆院議員)

「文部科学省としては、行政の手続きでございますので、相手方もあることでございますから、適切に進めてきたと考えております」(林芳正 文科相)

また、野党側の議員が認可に安倍総理が関与したかどうかについて質問しましたが、林文部科学大臣は「総理から文科省に対して指示はなかったというふうに承知をしている」と述べました。

一方、加計学園が国家戦略特区での事業者と認められた際、「既存の獣医師養成ではない構想」であることなど4つの条件を満たしていたかどうかについて野党側議員が質問しましたが、長坂内閣府政務官が答弁に詰まり、審議が度々ストップする場面も見られました。(15日13:19)





コメントを残す