神戸市議補選告示 午前11時現在で25人立候補 – 神戸新聞

Home » 市区町村長選 » 神戸市議補選告示 午前11時現在で25人立候補 – 神戸新聞
市区町村長選 コメントはまだありません



 神戸市会の政務活動費の不正流用を巡る自民系市議の辞職などに伴う市議補欠選挙が13日、東灘(欠員1)、中央(同2)、垂水(同1)、西(同2)の4選挙区で告示された。衆院選や市長選と同じ22日に投開票される。1回の同市議補選として選挙区と欠員数は過去最多で、午前11時半までに、元職3人、新人22人の計25人が立候補を届け出た。

 各区の立候補者数の内訳は、東灘=新人5人▽中央=元職1人、新人4人▽垂水=新人5人▽西=元職2人、新人8人。党派別では自民4人▽希望(民進推薦)3人▽共産4人▽維新5人▽諸派2人▽無所属7人。自民は東灘区の無所属候補に党籍証明を出した。

 政務活動費の在り方や議会改革、三宮再整備に伴う周辺商業地の発展、中学生までの医療費無料化などが争点となるとみられる。(若林幹夫)





コメントを残す