期日前投票所、車で移動式に 伊豆の国市選管が試験実施 – @S[アットエス] by 静岡新聞

Home » 知事選 » 期日前投票所、車で移動式に 伊豆の国市選管が試験実施 – @S[アットエス] by 静岡新聞
知事選 コメントはまだありません



ワゴン車内で期日前投票を行う住民=伊豆の国市の下畑公民館

 22日投開票の衆院選に向け、伊豆の国市選挙管理委員会は12日、同市の下畑公民館にワゴン車を使った移動式期日前投票所を1日限定で開設した。市選管は人口の少ない地区で投票所の統合を検討していて、移動式期日前投票所の開設は6月の知事選に続く取り組み。
 移動式投票所は10人乗りのワゴン車内に開設。外で受け付けを済ませて1人ずつ乗車し、後部座席1列目の前に設置された記載台で用紙に記入して投票する。立会人は3列目に座って見守る。同日は有権者124人の下畑区を対象に実施し、2時間で18人が訪れて一票を投じた。
 市選管は選挙人名簿登録者数が200人未満の小規模投票区を対象に、統合の検討を進めている。統合後の交通弱者への投票機会確保を目的に、移動式投票所を試験実施。6月の知事選では長者原区、田原野区を対象に行った。
 今回の下畑区を含む3区では今後、アンケートやパブリックコメント(意見公募)を実施し、住民の理解が得られれば2019年4月予定の県議選での投票所統合を目指している。





コメントを残す