希望 小池代表 “是々非々で” 自民との大連立否定

Home » 3媒体 » NHKオンライン » 希望 小池代表 “是々非々で” 自民との大連立否定
NHKオンライン コメントはまだありません



希望の党の小池代表は、東京都庁で記者団から、衆議院選挙のあと、自民党といわゆる「大連立」も含めて連携を模索するのか問われたのに対し、「ございません」と否定したうえで、党の政策を実現するため、是々非々の立場で対応していく考えを示しました。

この中で、希望の党の小池代表は、衆議院選挙の情勢について、「野党が、いくつか分散しているが、まだ序盤戦なので、新しい政党として、これからも地域ごとのニーズを生かした政策を訴えていきたい」と述べました。

一方、記者団が、選挙のあと、自民党といわゆる『大連立』も含めて連携を模索するのか質問したのに対し、小池氏は、「ございません。希望の党としては、政策が実現できるように是々非々の対応で進めていくべきだ」と述べ、自民党との「大連立」の可能性を否定したうえで、党の政策を実現するため、是々非々の立場で対応していく考えを示しました。





コメントを残す