希望、選挙戦略見直し 自民に安堵の声

Home » 3媒体 » 日本経済新聞 » 希望、選挙戦略見直し 自民に安堵の声
日本経済新聞 コメントはまだありません



 衆院選を巡る報道各社の序盤情勢調査で、自民、公明両党で300議席迫る勢いだったことを受け、野党には危機感が広がっている。小池百合子東京都知事が代表を務める希望の党は選挙区で苦戦しており、小池氏自らが街頭に立つ機会を増やす考え。一方、希望への警戒を強めていた自民党内には安堵の声が広がっている。

 「各メディアに自民党優勢と出ている。このままでは日本が取り残されると危機感を抱いている」。小池氏は12日…





コメントを残す