不倫ネタ好きワイドショー脳の日本人が知らない「政治の本質とは何か?」=小浜逸郎 – まぐまぐニュース!

Home » 1政治スキャンダル » 加計学園問題 » 不倫ネタ好きワイドショー脳の日本人が知らない「政治の本質とは何か?」=小浜逸郎 – まぐまぐニュース!
加計学園問題 コメントはまだありません




記事提供:『三橋貴明の「新」経世済民新聞』2017年9月14日号より
※本記事のタイトル・リード・本文見出し・太字はMONEY VOICE編集部によるものです

つい見てしまうワイドショーが国を滅ぼす。山尾議員疑惑に寄せて

スキャンダルに翻弄される政局

報道によりますと、民進党は、8日、幹部会議で幹事長代行に辻元清美氏を選ぶことに決定しました。この人選も問題ですが、山尾志桜里不倫疑惑問題の余震をなるべく早く終息させようとの思惑でしょう。まあ、勝手にやってくれというほかはありません。

山尾議員は不倫の事実を認めず、民進党を離党することになりました。離党でなく議員辞職すべきだとの声もありますが、ここで論じたいのは、その種の議論ではありません。解体しつつあるいまの民進党に何を期待しても無駄です。壊れゆく運命にあるものは、自然の勢いに任せよ。

森友学園問題に始まり、加計学園問題、豊田議員暴言問題、稲田元防衛省失言問題、そして今回の山尾議員不倫疑惑問題と、ここのところ政局は、スキャンダルに翻弄されている感があります。もちろん、ここにはワイドショーや週刊誌など、マスコミの興味本位によるすっぱ抜きや煽動が大いに関係しています。

しかし、中央政局がそれらを大真面目に取り上げなければならない社会背景は何か、ということを見ておくことが大切です。それは、ひとことで言えば、こうした「話題」にたちまち関心を集中させる国民大衆のどうしようもない空気です。

マスコミもビジネス、そこはちゃんと心得ていて、政治家のスキャンダルを取り上げ続ければ売れるという読みがあるのでしょう。マスコミだけではなく、ネットもたちまち炎上します。ネットもビジネスですね。

民主政治では、国民が主権者であるという建前があるので、何となく、自分たち自身が国政とつながっているという幻想が膨らみます。しかし実際には、国民の意思がよき国政に反映されるというふうにはなっていません

そこで、なぜ国民はこの種の政治スキャンダルに飛びつくのかと言えば、要するに憂さ晴らしです。ルサンチマンのはけ口です。「パンとサーカス」です。

政府や政党も、この大衆社会のおそるべき動向を無視するわけにいかず、仕方なく「正義の政治、清い公党」を装って、ひたすら対応に追われるという按配。

Next: ついつい視聴者に。この「くだらなさ」の源はどこにあるのか










コメントを残す