【速報】8年ぶりの選挙戦スタート 八幡平市長選告示 – 岩手日報

Home » 市区町村長選 » 【速報】8年ぶりの選挙戦スタート 八幡平市長選告示 – 岩手日報
市区町村長選 コメントはまだありません



 任期満了に伴う八幡平市長選は17日告示され、4選を目指す現職田村正彦氏(69)と、元市議の新人工藤直道氏(59)がともに無所属で立候補を届け出た。両氏による一騎打ちが確定的で、8年ぶりの選挙戦がスタートした。

 立候補の届け出受け付けは同市野駄の市役所で行われ、田村氏、工藤氏の順で届け出た。田村氏は同市大更の事務所前で第一声を上げ、地場産業の振興や市政継続を呼び掛けた。工藤氏は同市大更の事務所前で第一声。しがらみのない政治の推進や市政刷新を訴えた。

 投票は24日午前7時から市内15投票所で行われ、午後6時まで。同7時45分から同市田頭の西根地区体育館で即日開票される。当落判明は同9時ごろの見通し。

 1日現在の有権者数は2万3171人(男1万1062人、女1万2109人)。





コメントを残す