防衛相 飛しょう距離はグアム島周辺への発射計画を意識か

Home » 3媒体 » NHKオンライン » 防衛相 飛しょう距離はグアム島周辺への発射計画を意識か
NHKオンライン コメントはまだありません



小野寺防衛大臣は閣議のあとの記者会見で、北朝鮮が発射した弾道ミサイルの飛しょう距離がおよそ3700キロと推定されていることについて、先月、表明したグアム島周辺にミサイルを発射するとした計画を意識したものだという見方を示しました。

この中で、小野寺防衛大臣は、北朝鮮が今回発射した弾道ミサイルの飛しょう距離がおよそ3700キロと推定されていることについて、「グアムまでの距離はおよそ3400キロであり、そこまでは十分に届く能力を示した」と指摘しました。

そのうえで小野寺大臣は「従前から北朝鮮が発言している内容からすれば、グアムは意識しているものと考えている」と述べ、今回の弾道ミサイル発射は先月、表明したグアム島周辺にミサイルを発射するとした計画を意識したものだという見方を示しました。

一方、小野寺大臣は今回、自衛隊による破壊措置が実施されなかったことについて、「破壊措置を実施する場合は、あくまでもわが国の領土、領海に落下する可能性がある場合であり、今回、発射直後から着水するまでしっかり捕捉する中で、その必要はないと判断した」と説明しました。





コメントを残す