防衛相と米陸軍トップが会談 日米韓で連携し対処を確認

Home » 3媒体 » NHKオンライン » 防衛相と米陸軍トップが会談 日米韓で連携し対処を確認
NHKオンライン コメントはまだありません



小野寺防衛大臣は、日本を訪れているアメリカ陸軍制服組トップのミリー参謀総長と会談し、北朝鮮が日本の上空を通過する弾道ミサイルを発射したことを受けて、引き続き日米韓3か国で緊密に連携し、対処していくことを確認しました。

この中で、小野寺防衛大臣は、北朝鮮が日本の上空を通過する弾道ミサイルを発射したことについて、「先般の国連安全保障理事会で示された、平和解決への意志を踏みにじる暴挙であり、断じて容認できない」と述べました。

そのうえで、小野寺大臣は、「きょう午前、アメリカのマティス国防長官と電話で会談し、北朝鮮に対して目に見える形で圧力をかけ続けていくことなどを確認した。自衛隊、韓国軍とともに、3か国の強い連携を作ってほしい」と述べました。

これに対し、アメリカ陸軍制服組トップのミリー参謀総長は「北朝鮮の挑発行動はこれからも増していくと思っており、日本、韓国とともに対処していきたい。同盟国の国民を守ることを約束する」と応じ、引き続き日米韓3か国で緊密に連携し、対処していくことを確認しました。





コメントを残す