野田総務相ら4人が資産1億円超 新閣僚平均7500万円

Home » ニュース » 野田総務相ら4人が資産1億円超 新閣僚平均7500万円
ニュース, 西日本新聞 コメントはまだありません



 第3次安倍第3次改造内閣で新たに入閣した13閣僚が15日、8月の就任時の保有資産を公開した。家族分を含めた総資産は野田聖子総務相が1億9192万円で最多だった。江崎鉄磨沖縄北方担当相が1億2917万円、林芳正文部科学相が1億2549万円、河野太郎外相が1億1803万円で続き、計4人が1億円を超えた。13人の総資産平均は7500万円だった。

 閣僚本人の平均は4030万円で、家族の資産が総資産額を引き上げた。資産額としては計上されないが、家族分を含め、11人が株式を持っていた。





コメントを残す