民進議員の離党検討「週内決着を」 前原代表が指示

Home » 3媒体 » 日本経済新聞 » 民進議員の離党検討「週内決着を」 前原代表が指示
日本経済新聞 コメントはまだありません



 民進党の前原誠司代表は14日、複数の衆院議員が離党を検討している問題を踏まえ、大島敦幹事長に対し、週内に決着を図るよう指示したと明らかにした。「大島氏に今週中にけじめをつけてほしいとお願いした。(離党の)意思が明確でない方には再度ヒアリングし、こちらから判断することもあり得る」と語った。金沢市で記者団の質問に答えた。

 離党を検討中の議員が、小池百合子東京都知事の側近、若狭勝衆院議員が結成予定の新党との連携を探っていることを巡り「どういう社会像を目指すか示されていないのに、連携しようとする議員の気が知れない。小池さんのブームにすり寄っているとしか見えない」と批判した。

 民進党内では、鈴木義弘衆院議員が13日に離党届を提出したほか、笠浩史、後藤祐一両衆院議員らも離党を検討している。〔共同〕





コメントを残す