民進さらに2人離党へ 笠・後藤氏 前原体制で4人目 – 東京新聞

Home » 2選挙結果 » 民進さらに2人離党へ 笠・後藤氏 前原体制で4人目 – 東京新聞
2選挙結果 コメントはまだありません



 民進党の笠(りゅう)浩史前国対委員長代理=衆院神奈川9区、当選五回と、後藤祐一衆院議員=同16区、当選三回は十四日、大島敦幹事長に離党の意向を伝えた。前原誠司代表が就任して以降、離党表明は、十三日に離党届を提出した鈴木義弘氏=比例北関東、当選二回=と、山尾志桜里元政調会長を含めて四人になった。

 笠氏は大島氏に電話で「新たに自民党に対抗できる勢力を結集するための行動を起こしたい」と伝えた。

 笠、後藤両氏は十五日に離党届を提出する。両氏と鈴木氏は、八月に離党した細野豪志元環境相のグループに所属。今後、新党結成を目指す細野氏と連携していくとみられる。

 笠氏は今年の通常国会で「共謀罪」法の成立阻止を目指し、学校法人「加計(かけ)学園」問題などを追及。後藤氏は、南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報隠蔽(いんぺい)問題で政府を追及した。

 これに関連し、前原氏は十四日、離党問題について週内に決着を目指すよう、大島氏に指示したことを明らかにした。金沢市で記者団の質問に答えた。

 去就を明確にしない議員に、あらためて意思を確かめることもあるという。前原氏は、離党を検討する議員が小池百合子東京都知事に近い若狭勝衆院議員が結成を目指す新党との連携を探っていることについては「ただ単に小池さんのブームに擦り寄っているようにしか見えない」と批判した。

この記事を印刷する





コメントを残す