日韓外相 制裁決議の完全履行を各国に働きかけへ

Home » 3媒体 » NHKオンライン » 日韓外相 制裁決議の完全履行を各国に働きかけへ
NHKオンライン コメントはまだありません



河野外務大臣は北朝鮮による弾道ミサイルの発射を受けて、韓国のカン・ギョンファ(康京和)外相と電話で会談し、北朝鮮への圧力を強めるため、日米韓3か国が緊密に連携し、国連安保理の制裁決議を完全に履行することを各国に働きかけていく方針を確認しました。

河野外務大臣は北朝鮮による弾道ミサイルの発射を受けて、15日午前、アメリカのティラーソン国務長官との電話会談に続き、韓国のカン・ギョンファ外相と電話で会談しました。

この中で、河野大臣は「弾道ミサイルの発射は暴挙であり、いまは北朝鮮に対して圧力を強化すべき時だ」と述べました。

そして両外相は、挑発行動を続ける北朝鮮への圧力を強めるため、日米韓3か国が緊密に連携し、国連安全保障理事会の制裁決議を完全に履行することを各国に働きかけていく方針を確認しました。

河野大臣は、閣議のあと記者団に対し、17日から訪問するニューヨークで、国連総会に出席する各国の外相との会談を調整しているとしたうえで、「制裁決議が着実に履行されれば、北朝鮮の外貨収入の9割近くを減らすことができる。全面的かつ厳格に履行し、北朝鮮が非核化に向けて具体的な行動をとるよう、国際社会が一致して圧力をかけ続けていきたい」と述べました。





コメントを残す